アンデッドファクトリーとは

STORY

ある日、世界中で死人がよみがえり、人間を襲い始めた。
そして、襲われた者は、歩く死人(ウォーカー)として蘇り、再び人間を襲った。

最初の兆候は、小さなものだったが、日暮れ時の影が伸びるように 世界を浸食していった。
最初の一人が蘇ってから、最初の3か月で 人間の半数が死に、次の半年で99%の人間が死んだ。

そして奇妙にも、最初の一人が蘇って以後から 世界中で、たった1人の新生児も生まれなくなった。

死者が蘇る理由は、最後まで解明する事は出来なかったし、 治療法の発見も、有効な感染防止策を講じる事も出来なかった。
ある者は悪魔の呪いと言い、ある者は、神の罰と言った。

国家や都市が機能を失ってからは、数少ない生存者は、 生き残るために、食料や資源を求めて町々を探索した。
探索しても物資が見つからなくなると、他の者から略奪をするようになった。

賢い生存者は、生き残るためのコミュニティーを世界中に設営し、 壁で囲った。
数年で、牧歌的な都市機能は再建され、 束の間の安堵を得た生存者たちであった。

しかし、それは終わりの始まりにすぎなかった。